クレジットカードの仕組み

クレジットカードを持つことを
ためらわせる理由のひとつに
「仕組みがよくわからない」ということが
あげられると思います。
(私もそうでした…)
お金に関するものですから、
よくわからないものは使いたくないですよね。
しかし、
クレジットカードの仕組みは意外に簡単です。
クレジットカードとは、一言で言ってしまうと
買い物をするときに料金を
後払いにすることができる
カードです。
実はクレジットカードを使ったときのお金の流れは
きわめて大雑把に言うと下のようになっているのです。

1.私がカードを使ってA店で100円の買い物をする。
2.A店はカード会社に対して100円を請求する。
3.カード会社がA店に100円を支払う。
4.カード会社が私から100円を回収する。
と、こんな感じです。
ここで、たとえ私がクレジットカード会社に
100円を支払えなかったとしても、
クレジットカード会社がA店に対して
100円を支払わないということはありません。
なので、お店は後払いを認めてくれるのです。

まとめると、クレジットカードは
(利用可能なお店であれば)どこでも
料金を後払いにできるカードで、
後日、カード利用者がカードで買い物をした料金を
カード会社に支払うという仕組みになっているのです。

お金を持っていなくても、
カード1枚で買い物ができてしまうのです。
一度これに慣れると、
財布を重くしておくのがばかばかしくなりますよ。

応援(クリック)ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ
タグ:仕組み
posted by ひろっち at 20:20 | Comment(0) | クレジットカードは怖くない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。