クレジットカードは紛失・盗難が怖い?@

クレジットカードが「怖い」と感じるもう一つの点が、
「紛失・盗難」だと思います。
カードを落としてしまって、
拾った誰かに使われてしまったら…
という心配ですね。
もっともなことです。
でも結論を言うと、そんなに怖くありません。

例えば、100万円を現金で落としてしまったとしましょう。
さて、この100万円、
落とし主の元にもどってくるでしょうか?
おそらくたいていの人は
「もどってくるはずがない」と考えるでしょう。
その通りです。
拾った人がよっぽど良い人でない限り、
まずもどってきません。

たいてい拾った人に使われてしまいますよね。
一方、利用限度額100万円のクレジットカードを
落としてしまった場合はどうでしょうか?
ここであなたがそのカードを拾ったと
想像してみてください。
そのカードを使おうと思いますか?
いつどこでカードを使ったか特定され、
足がつきやすそうですよね。
おそらくよっぽど度胸のある人でなければ、
使おうと思わないでしょう。

つまり、
同じ額の現金とクレジットカードを落としてしまった場合、
クレジットカードの方が使われにくいのです。

それでも中には拾ったクレジットカードを
利用する人もいるでしょう。
しかし、それでも現金を落とすよりマシです。
なぜなら、カード会社に連絡すれば、
落としたカードの利用を止めることができるからです。
そうすれば、拾った人が使おうと思っても使えません。
現金を拾った人が
その現金を使うことは止められませんが、
カードの場合は落としたことに気づいたら、
止めることができるのです。
そうすれば、
実質落としたお金は0円ということになります。
こう考えれば、現金を携帯するより
クレジットカードを携帯するほうが
はるかに安心ではないでしょうか?

クリックが力になります↓
人気ブログランキングへ
タグ:紛失 盗難 安心
posted by ひろっち at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカードは怖くない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。