発行審査ってなに?

クレジットカードは申し込めば無条件で
発行してもらえるものではありません。
カード会社による発行審査を受ける必要があります。
とはいっても、
発行希望者側で何かをする必要はありません。
カード会社へ提出した発行申込書の内容によって、
カード会社が審査するのです。
では具体的に何を見て審査されるのでしょう?
発行審査の判定基準は下記の3つに大別されます。

1.収入は安定しているか
ずばり、安定した収入があり、
利用金額の返済能力があると判断できるかどうかです。
収入源がアルバイトなどでも
発行は不可能ではありませんが、
会社員などに比べると審査は厳しくなるようです。
(公務員は強い) 
なお、主婦の場合は、
配偶者の収入が安定していれば大丈夫です。

2.料金滞納や消費者金融からの借り入れ等の
  経験があるか

過去にクレジットカード代金を踏み倒したり、
滞納したりしたことがある人は発行が困難になります。
多重債務者と判断される場合も同様に困難です。

3.申込書をきちんと記入しているか
申込書の記載がきちんとしていない場合は、
どんなに収入が安定していても、
過去の履歴が潔癖であっても、
審査に落ちる場合があります。
とはいっても、そんなにかまえる必要はなく、
きちんとした字で、記入漏れのないようにしていれば
問題ありません。

基準はこの3つだけです。
そんなに特別なことはありませんよね。

応援を力に変えます↓
人気ブログランキングへ
posted by ひろっち at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 申込みと審査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。