キャッシングをできないようにする

クレジットカードのキャッシング
いつでも必要なときに
現金を引き出すことができる便利な機能です。
しかし、キャッシング
平たく言えば借金と同じですし、
その金利はバカになりません。
また、クレジットカードを盗まれたような場合に、
暗証番号だけで現金を引き出されてしまうので、
危険な機能
とも言えます。
キャッシングなんて必要ない」という人にとっては、
むしろ有害な機能と言えるかもしれません。
もし、キャッシング機能が必要ないと思ったら、
キャッシング自体をできないように
設定しておくと良いでしょう。


キャッシングをできないようにするのは
いたって簡単です。
カードの裏に記載されている電話番号に連絡して、
キャッシング枠を0円にしたい」と伝えるだけです。
こうすれば、キャッシングの上限金額が
0円ということになるので、
どうころんでも、キャッシング自体ができなくなります。

クレジットカードは
盗難保険で守られていますが、
第3者によるキャッシングの被害は
この保険の対象外
となることが多いようです。
キャッシングは暗証番号を知らないと利用できないため、
第3者に暗証番号を知られたということは、
利用者側に落ち度があると判断されるためでしょう。
このような点からも、
キャッシングの機能は必要ない」という人は、
キャッシング自体を
できないようにしておいたほうが安全です。

応援ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ
posted by ひろっち at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカードは怖くない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。